対象外にするのはもったいない…見直したい男性5つのタイプ

マザコンの男性

マザコン男性は基本的には女性に嫌われるタイプであることは間違いないでしょう。特に重度のマザコン男なら、すぐさま「対象外」決定でしょう。

デートに母親を連れてくるような男性もいます。また、いつでも母親からちょくちょく電話がかかってきたりします。ひどい人だと二人がデート中にも平気で母親と長電話することもあります。これほどマザコンが重度でわかりやすいなら、やはりおつき合いなどはできないと思います。

隠れマザコン男もたくさんいます。その見抜き方ですが、何か似合わない服、妙な手編みマフラー、小物などを大切に持っていたら怪しいでしょう。それは、こうした物を自分で選ばずに、全て母親が買った物である可能性があるからです。

甘えん坊も多いのです。子供の頃から嫌いなものは食べなくてもいいような生活をしているので、大人になっても好き嫌いが多く、何かと自分で決定できない優柔不断な性格かもしれません。過度のこうした依存関係などがあればやはり敬遠するでしょう。

それなら、やはりマザコン男性はダメ!となるかもしれませんが、ただしそう単純に決め付けない方がいいかもしれません。観方を変えれば、マザコン男性というのは「母親ととても仲が良い」ということです。その程度が問題になるわけで、それ自体が決して悪いことではありません。

逆に母親と仲が良くない男性も問題であるはずです。実はマザコンではない男性の方が女性全体に対して冷たい人が多いといわれているのです。おそらく女性全般に対するマイナスイメージでしょう。

軽いマザコンぐらいなら、実は親孝行の出来る円満な家庭が作れるかもしれません。きちんとした家庭環境の男性なら、是非、改めて候補にしてあげてください。