対象外にするのはもったいない…見直したい男性5つのタイプ

キレ者で冷たそうな男

「仕事がデキる男」は基本的にカッコいいはずです。もちろん悪いことではないのですが、ここでの注意点は、得てして「仕事がデキる男」は、人をパッパと判断して見下したりする可能性がある点です。

「仕事がデキる」のですから、責任感や決断力もあるはずです。従って、豊富な知識と経験で素早く判断するのでしょう。

欠点はしっかり相手を深く知る前に判断してしまう傾向です。仕事や友人、おつき合いする女性のこともちょっとした情報だけで判断してしまうかもしれません。自分に確固たる自信があるので、相手の思考を理解するのが苦手なのかもしれません。

こういう人と会話をするのは大変かもしれません。結構「俺について来い」タイプなので、人の話をあまり聴くスタンスにはないのです。気に入った女性には強引に口説いてくるかもしれません。そうした強い態度が魅力的に見えることもあるでしょう。

ただし、その裏側にはワンマンな性格が潜んでいるかもしれません。可能性が高いもの。あなたを思い通りにしたい男かもしれません。

また、別のタイプですが、何事もキッチリしないと気が済まないという男性もチェックが必要です。基本的に男性は片づけが下手なものですが、それが上手な男性はおそらく自己管理もしっかりしていると思いますし、結構自分だけの空間や時間を大切にする人が多いのです。

こうした人とおつき合いする上では、「いつも私といっしょにいて!」というような女子の甘えが苦手かもしれません。うまく付き合っていきたいのなら、こうした固定観念を捨てて、彼がひとりでいる時間も受け入れてあげましょう。それさえできたら、長く付き合えるタイプです。