対象外にするのはもったいない…見直したい男性5つのタイプ

失格とされた男性のタイプ

では「失格!」とされた男性の典型的なタイプをおさらいしておきましょう。容貌についてはここでは置いておきましょう。まずは「オシャレすぎる男性」です。

普通に考えればおしゃれな方がいいのです。ただし、その人の普段の持ち物のおしゃれ度合いというのは、その人の思考・性格も現わしています。最新型流行りのクツ、カバン、財布などをいつも持っていたりすると、確かにおしゃれには違いないのですが、要注意人物にもなります。

いわゆる流行や新しいことが好きな人です。人からどう見られるかが重要なタイプです。実はどこかコンプレックスがあるかもしれません。そうすると持ち物で自信をつけようとするのです。

ある程度は誰でもコンプレックスはあるものですが、その意識があまりにも強い人は、結果、浪費家になっている可能性があります。

グルメだと自称する人も近いものがあります。各所のおいしい店などをよく知っている男性は実際に貯金が少ないのだそうです。「食道楽」すべてが悪いわけではありませんが、普通のサラリーマンなら、そんなに外食する日常とはいかないはずです。お金のかかる趣味を持っている男性も共通点があります。このように総じて金銭感覚に疎い人に出会いの初期に引っかかってはいけない!とよく書かれています。

サービス精神が旺盛で一緒にいるといつも楽しませてくれる男性というのも、こうしたチェック対象とされています。確かに長続きしなさそうな人は避けたいものですが、気に入られようと一時的に無理をしている場合もあるはずです。そうした本質を見抜きたいところです。